施工事例

アンテナ交換

昔は、テレビがアナログ放送で、地域によってはUHFのアンテナVHFのアンテナが2本必要でした。今現在はデジタル放送ですので、UHFアンテナ1本で大丈夫です。

左の画像を見ると、上がUHFアンテナ下がVHFアンテナで、その下に白いブースターが付いてますが、そこにVHFアンテナの受信部がぶら下がっている状態です。この状態だと雨の日や雪の日に、ケーブルを伝って受信部の内部が濡れてしまい、内部がサビてテレビが映らないというケースがかなりあります。

この状態で強風が吹くとその内、受信部が飛んでいき全くテレビが映らない状態になります。このアンテナの架台自体も相当サビついてますので、早急に交換が必要になります。

また、アンテナのポールとブースターを固定する金具もサビていましたので全部交換させて頂きました。